未分類

2019年のエイプリルフールの由来、意味とは?

エイプリルフール

今年も私の大好きな季節、春がやってきました。
春、4月といえば入学や新社会人など、いろいろと物事がはじまる時期でもあります。
そんな春が待ち遠しい今日この頃、
しかし、忘れてはいけないのが4月1日の「エイプリルフール」です。
新生活をスタートする前にエイプリルフールの起源などについて、調べてみました。

エイプリルフールの起源

諸説はいろいろとあり、どうも確定はしていないそうですが、
今回は有力な説をいくつか書きたいと思います。

フランス説

昔のヨーロッパは、3月25日を新年として、
そこから4月1日まで春の祭りを催していました。
しかし、1564年にフランスのシャルル9世が
新年を1月1日にすると決めちゃいます。
民衆は慣れ親しんだ、暦を勝手に変えられてしまい、猛反発します。
4月1日を「嘘の新年」と称して、馬鹿騒ぎをはじめてしまいます。
これに怒ったシャルル9世は馬鹿騒ぎをしていた民衆を逮捕して、
こともあろうか処刑までしてしまいます。
犠牲にあった人の中には、13歳の少女の命も・・・。
この事態を知った、フランス国民はシャルル9世への抗議の意味と悲しい出来事を
今後も忘れないために4月1日を「嘘の新年」を祝うようになったという説です。
とても悲しい出来事ですね。

インド説

昔、インドの仏教の僧侶たちは、
3月25日から31日まで過酷な修行を行っていました。
悟りの境地を開いた、過酷な修行を終えた4月1日から
下界に戻ってくる僧侶たちを民衆は、からかうようになります。
これが行事・イベントになり、これを「揶揄節」言います。
この揶揄節がエイプリルフールになったのではないかという説です。
もっともらしい説に感じます。

ノアの方舟説

旧約聖書の創世記に出てくる舟。
没落した人間に対して怒った神が引き起こした大洪水。
ノアは家族と雌雄一対のすべての動物を引き連れて乗り込み生き延びる。
その後、大陸を探す為に鳩を解き放ったが、
なにも成果がなく戻ってきた日が4月1日だった。
無駄足だったこの日、無駄なことをする日=4月1日という説。
これはちょっと、無理があるような・・・

古代ローマ説

古代ローマでは、主人と奴隷が入れ替わって楽しむ日が存在しており、
それが年に一度の4月1日だったとされています。
これも。ちょっと信憑性にかけるように思いますが・・・

日本でのエイプリルフール

日本に伝わったのは、江戸時代。その頃はエイプリルフールとは言わず、
「不義理の日」と読んでいたそうです
。義理を欠いてしまった相手に対して、手紙などでお詫びをする日だそうです。
まさに義理人情に厚い日本人ならではの考え方ですね。
昔の人は素晴らしい限りです。
現在のようにポップな形になったのは、戦後からのようです。

嘘をついていいのは午前中だけ、午後にはネタばらし

イギリスでは、「オークアップルデー」という記念日があります。
これは王政復古の記念日だそうです。
この日の午前中は国王への忠誠を示す証として
オークアップルの実を身につける風習があるそうです。
どうもこの影響でエイプリルフールも午前中だけ嘘をつこうという
ルールになっているようです。
日本を含むその他の諸外国では、この午前中限定ルールは存在しませんが、
私個人的にはこのルールが好きです。その日の嘘はその日の内にですね。

また、相手を傷つける内容や場合によっては損害を与えるような言動は謹みましょう。
人としてのモラルが問われることになります。
現在では個人間ではなく、企業が消費者を楽しませるために
エイプリルフールに大々的に広告やHP上で面白おかしい内容を掲載しています。
過去には、物議をかもした内容もありました。
今年は、どんなネタがUPされるか4月1日が楽しみですね。