未分類

2019年鯉のぼり いつから飾るべきか。由来・意味とは?

鯉のぼり1

今年(2019年)のゴールデンウィークは、
長い人で最大10連休と今までにない大型連休になります。
大型連休の後半には、5月5日の「こどもの日」があります。
こどもの日といえば男の子のいる、ご家庭であれば、
「鯉のぼり」の準備が必要な時期でもあります。
そこで今回は、鯉のぼりの飾り時期や片付けるタイミングなどの
いつからはじめるべきなのかを書きたいと思います。

2019年、鯉のぼりの由来とは?どんな意味があるの?

鯉のぼり

 

鯉のぼりの由来は、どうも中国の故事「登竜門」が由来。
中国の山奥に「竜門」という名のとても高い滝があり、
その滝を登りきった魚は、竜になり天空を大きく舞うという逸話があります。
竜になり天空を舞うため、多くの魚がその滝を登ったが、
唯一滝を登りきったのが「鯉」だった。その鯉は竜なり、
天空を舞い昇ったという内容です。

この中国の故事が日本に伝わり、武家社会の室町時代あたりから、
男児の出生を祝って、鯉のぼり飾るようになります。
そして、この風習が世間にも広がるようになります。
最初は武家の男児出生の祝い事でありましたが、
江戸時代には、武家以外であっても鯉のぼりかざるようになります。
鯉のぼり以外にも、5月5日は端午の節句と呼ばれていますので、
五月人形を飾ります。五月人形は健康を願う内飾りとして、
鯉のぼりは立身出世を願う外飾りとして祝う習慣になります。

この習慣が2019年現在も続いています。

2019:鯉のぼりの色や順番に意味はあるの?

鯉のぼりは時代によって、数や順番が違います。
昔は、立身出世を願う、子どもの分だけの黒い鯉(真鯉)だけが飾れていただけでした。
その後、縁起の良い数字として「3旒(りゅう)」に変わります。
(鯉のぼりは、1旒・2旒・3旒と数えます。)

順番としては、黒(真鯉)→赤(緋鯉)→青(子鯉)」の順で飾ることが多いです。
子鯉には、緑・紫・橙なども家族構成にあわせて、飾ります。
子鯉に関しては色の順番は特にありません。

現在の3旒のスタイルになったのは、戦後になってから。
家族全員が揃う形になっていきます。

今年(2019年)の鯉のぼりはいつから飾る?    そして、いつ片付けるべき?

鯉のぼり

飾り時期については、実は明確な決まりごとはありません。
地域によってもかなり違いがあります。
お彼岸後もあれば、5月直前になってからという地域もあるようです。
一般的には、お彼岸が過ぎる4月上旬あたりから飾るようになるのが、
もっとも多いようです。
また、縁起を担ぐのであれば、
お彼岸後の「大安の日」が一番良いのではないでしょうか。

また、片付けるタイミングですが、こちらも明確に決まっていません。
端午の節句が過ぎたらや6月中旬の旧暦の端午の節句までといった、
ここでも、地域によって異なります。
お住まいの地域の風習に従うのが一番だと思います。

また、もうひとつの疑問があります。
それは鯉のぼりは、子供がいくつまで飾るのかです。
実はこれも特に決まりがありません。
一般的には、子供が小学校に入学する7歳を最後にという考え方が多いようです。
これもそれぞれの家庭環境によってさまざまですし、
子供が飾ることで喜ぶのであれば、
もう少し後でもいいのかなあと私自身は思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今年(2019年)のゴールデンウィークは元号も変わり、
大型連休が待っています。それぞれのご家庭で海外旅行や
実家への帰省など、いろいろと計画を立てているかと思います。
そのイベントの最中での「鯉のぼり」という、
お子さんのイベント。飾るタイミングなどいろいろ考えるかと思います。
いろいろ書かせていただきましたが、一番はそれぞれの家庭に合わせて
飾る時期など決めていただくのがよいと思います。
ありがとうございました。