未分類

2019年お釈迦様の花祭り。なぜ甘茶をかける?

花祭り1

みなさん、こんには。
暖かな陽気になってきた今日この頃、今回は「花祭り」について
書きたいと思います。みなさんは「花祭り」ってご存知ですか?

2019年、花祭りとは・・・

花祭り

花祭りとは、正式な呼び名ではありません。
正式には、

  • 灌仏会(かんぶつえ)
  • 降誕会(ごうたんえ)
  • 龍華会/竜華会(りゅうげえ)
  • 仏生会(ぶっしょうえ)
  • 浴仏会(よくぶつえ)
  • 花会式(はなえしき)
  • 仏誕会

と呼ばれています。

結論を申し上げると、お釈迦様の生誕を祝う行事・イベントです。

お釈迦様は、2500年ほど前、ネパール国ルンビニーの花園で、誕生されました。
この誕生の際に花園の花々は咲き乱れて、お釈迦様の誕生を彩ったとされています。
お釈迦様は生まれたときに、東西南北に7歩ずつ歩いて、
右手で天を、左手で地を指さされ、「天上天下唯我独尊」と宣言したとされています。
このことから、通称:花祭りと云われるようになったとされています。

花祭りの歴史とは?

花祭りは、お釈迦さまの誕生日を祝う行事ですので、
仏教であれば、宗派を問わずにお祭りとして祝われます。

日本で最初にはじまったとされているのは、
606年の4月8日とされています。
その後、奈良時代になるころからは、
一部のお寺に広がっていきます。
平安時代には、全国的に広がり、年中行事化されていき、
江戸時代には、庶民にも広がって言ったとされています。
現在の「花祭り」と云われるようになったのは、
戦後からのようです。

2019年花祭りってどんな祭り?

 

参加は誰でも可能で、花祭り内容は開催される寺院によって異なってきます。
一般的には、寺院に花御堂が設けられて、たくさんの花々が飾られています。
その花御堂の中にお釈迦様の誕生仏が安置されていて、
右手は天を、左手は地を指しています。
(「天にも地にもただ独り私として尊いのである」と宣言をされたポーズ。
いわゆる「天上天下唯我独尊」のことです。)

そのお釈迦様の像に甘露の雨を表現した「甘茶(あまちゃ)」を
かけるようになり、生誕を祝う行事です。

この甘茶(あまちゃ)を人々が飲むことで、
その年2019年は無病・災いから守られると云われています。

稚児

また花祭りには、「稚児行列」も行われます。
これは、子どもたちが色鮮やかな衣装とお化粧をして、
町中を歩き、生誕を祝います。
稚児とは、幼児や子供のことを指しています。
昔から、幼児や子供には神霊が宿ったり、神霊に近い存在であると考えられてきました。
そういった背景から、昔から日本の伝統行事には、子供たちが活躍しています。

天上天下唯我独尊とは

「天上天下唯我独尊」の意味は、
「我が一番えらいんだ」という意味と勘違いしている方が
多くいますが、それは誤解です。
お釈迦様ががそんなことっを言うわけがないです。
「私たちの命は一人一人が尊いものです」
ということを述べています。
お釈迦さまは、一人一人の人間には、
生まれてきた、尊い理由・目的があります。
とても尊いものなんだ。
自分は何のために生まれて来たのか、何のために生きているのか、
なぜ苦しくても生きねばならないのか、を自問自答して、人生を生きて行く、
人生を全うしなければならないという意味でもあります。

2019年花祭りで甘茶をかける理由

花祭り

お釈迦様が誕生した際に理由があります。
生まれた際にお釈迦様は、八大龍王(はちだいりゅうおう)という、
竜族の八人の王から、生誕を祝福されて、甘露の水を注いだいう言い伝え、
故事に由来するしたことが理由とされています。

そこから、花祭りでお釈迦様の立像に甘茶をかけるということは、
お釈迦様の生誕をお祝いしているということになります。

2019年の花祭りに行こう!

いかがでしたか?
今年の花祭りは、2019年4月8日です。
もうすぐですねが、まだまだ間に合います。
お住まいの地域のお寺などで、催されているか
是非、調べてみて年に一度のお釈迦様の生誕を家族で祝ってみてはいかがでしょうか?
ありがとうございました。