未分類

2019年、新茶の時期。八十八夜とは?一番茶とは違う?

新茶

みなさん、こんにちは桜の開花時期が発表された、今日この頃。
今回は、お茶、「2019年新茶」について書いてみたいと思います。

2019年新茶・八十八夜はいつになる?

新茶の時期にはよく八十八夜と云われるものがあります。
これは、立春の日から八十八日目という意味です。
これは、中国で作られた五節句・二十四節気を補完する「雑節」の1つになります。
雑節には、そのほかに「節分」「彼岸」などよく耳にするもおもあります。
話は戻りますが、八十八日目を八十八夜と云うようになりました。
江戸時代には農家の人々は、この「雑節」を使うようになり、
立春から迎えて、八十八日目に種をまきたり、
茶摘や田植えの準備を始めたりと春の農作業を行うようになります。
その後、二十四節気の立夏が訪れ、今度は夏の農作業の準備を始めます。

また、「八十八夜」の後に「八十八夜の別れ霜」や「八十八夜の泣き霜」という
言葉が良く使われます。
「八十八夜の別れ霜・八十八夜の泣き霜」とは、農家に人々にとって、
長い冬が終わり、季節は春。暦で春だからといって、農作業をはじめてしまうと、
思わぬ霜の影響・被害が出てしまい、
農家が霜に泣かされる。立春から約八十八日目を迎える頃には、
霜が降りることもなくなり、霜の被害からの別れになる。
この時期から農作業をスタートしようという意味になります。

仮にまだ霜が降りる時期に農作業を始めてしまうと、
農作物に多大な被害をこうむってしまうことがあるからです。
この八十八日目というのは、農家の方々が代々伝わってきた、
生活の知恵でもあり、縁起の良い末広がりである「八」を使って、
農作物の豊作を願った弦を担いだのだろうと云われています。

ちなみに、今年2019年の八十八夜は、5月2日になります。

2019年、新茶と一番茶とは違う?

よく、「新茶」や「一番茶」「二番茶」「三番茶」「四番茶」と
云われることがあります。
新茶とは、その年に最初に採れた、お茶のことです。
一番茶は、その年の最初に育てた新芽を摘み取ってできた、お茶のことです。
結論をいいますと、「新茶}=「一番茶」となり、一緒です。
日本人は、その年の最初のことをよく「初物」といって、
縁起が良いとされていますので、その影響から「新茶」と呼んでいるのだと思います。

また、二番茶や三番茶などは、茶摘みの時期(年4回)で変わってきます。
産地や種類によって変わってきますが、

2019年4月下旬~5月中旬 =「一番茶」
2019年6月中旬~7月上旬 =「二番茶」
2019年7月下旬~8月上旬 =「三番茶」
2019年9月下旬~10月上旬 =「四番茶」

と呼ばれています。

2019年の新茶・一番茶の味は?おいしい?

さきほどもお伝えしたように、日本人は縁起を担ぎます、
立春から八十八夜に摘んだ、新茶は初物で縁起が良いため、
例えば、2019年の新茶のこの時期は、
「1年間病気(大病)を患わず、無病息災になる」と云われたりします。

新茶・一番茶は、冬の間に養分を蓄え、紫外線もあまり浴びていないため、
カテキンの量が少ないので苦味が抑えられていて、旨みの成分であるテアニンが豊富。
味としては、若葉のさわやかな香りと甘みが強い、おいしい仕上がりになっています。
お茶通の方々の中では、やはり一番おいしいとされています。

新茶・一番茶は、「一芯二葉(いっしんによう)」で作ります。
まだ、葉が完全に開いていない状態の「芽」。
そして、2枚の葉の部分だけを使って、作ります。
通常のお茶は、高級品でも「一芯三葉」で作られるので、
この製法で作られる、新茶・一番茶はとても贅沢に作られています。

2019年新茶、まとめ

いかがでしたか?普段なにも気にしないで、飲んでいた「お茶」に
農家の方々の知恵、茶摘みの時期によって、呼ぶ名が変わることの違いなど
知らないことばかりでした。
もうすぐ新茶の時期、今年2019年は5月2日が立春から八十八夜。
新茶・一番茶がもうすぐ飲めるようになります。

実際に新茶を口にする際に味を楽しみながら飲んでみたいと思います。
待ち遠しいですね。ありがとうございました。