未分類

主演映画が大コケ。高橋一生主演「東京独身男子」は大丈夫?

高橋一生主演「東京独身男子」

高橋一生さんが主演する連続ドラマ「東京独身男子」の
スタートに合わせたかのような、主演映画の記事が拡散されています。

高橋一生さん主演「東京独身男子」は大丈夫?大コケ?

テレビ朝日系の新ドラマ「東京独身男子」に注目が集まっている。

メインを張るのは高橋一生(38)、斎藤工(37)、滝藤賢一(42)と
脂が乗った俳優3人。ルックスも収入も申し分ないのに
「あえて結婚しない男子」(AK男子と言うらしい)を演じる。
高橋や斎藤の私生活を彷彿させるドラマだ。

昨年の4月期は同じ枠で田中圭主演の「おっさんずラブ」が大ヒットした。
今回もヒットの予感がするが、どうやら関係者はハラハラしているらしい。
というのも、3月1日に公開された高橋の
主演映画「九月の恋と出会うまで」が大コケしたからだという。

「九月の恋」は中年女性に人気を誇る高橋が主演を務めるということで、
全国248館での公開が早々に決まった。
上映館数で比較すると、興収約46億円を叩き出した木村拓哉主演の
「マスカレード・ホテル」の349館に迫る数字だった。
ところが、フタを開けてみると、高橋の主演映画は興収2億円にも届かず。
映画のプロモーションのため、ヒロインを演じた川口春奈に
「撮影を通して本当に一生さんのことが好きになりました!」と
“交際におわせ宣言”までさせたのに大惨敗だった。

「公開初日から出足が振るわず、“テコ入れ”で
高橋が女性ファンひとりひとりに白いバラを手渡しで
プレゼントまでしたんですがねえ。それでも客が入らないということは、
高橋一生は役者として飽きられてしまったのかもしれません」
(ある芸能プロ関係者)

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

「東京独身男子」が高橋さん主演の最後のドラマか?

アラフォーに差し掛かると、人気俳優や男性アイドルの“
立ち位置”は非常に難しくなる。あの福山雅治や玉木宏でさえ結婚後に“
ファン離れ”を起こしたが、独身でいれば人気をキープできるという保証はない。
ジャニーズ事務所のような“縛り”がある場合は別にして、
女性ファンはある時点から“AK男子”を敬遠するようになる。
いくら熱心に応援しても結婚の可能性が100%ないと分かったところで、
女性ファンは虚無感に襲われるようだ。
竹野内豊みたいに、独身中年の俳優が人気を維持し続けることの方が難しいのだ。
別の芸能関係者は「今回のドラマが高橋一生の最後の
出演ドラマになるかもしれません」と私に囁いた。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

主演映画が大コケ。高橋一生「東京独身男子」反応

高橋一生好きでも嫌いでもないけど、悪意に満ち溢れた失礼な記事。
今日び誰が出ているからその映画はヒットしるとかいうものではなくで、ヒットするしない
は脚本に因るところが大きいと思うが。
元々は癖のある個性派俳優で芸歴も長い。王子様風は本人も嫌かも。元の’役者’に戻って好
き放題演じて欲しい。
昔から見ていた者としては、元々脇役でならしていた人で、今になってスポットが当たるの
が不思議だったぐらいなので、今の立場から勢いが落ちようが元に戻るだけでたいして関係
ないと思う
むしろ(あえて言うけど)近年のブレイクが「何故今?」という感じだった。

まとめ

いい役者さんには、代わりはないので
結果は、どうであれ引き続き応援したい役者さんですね。