未分類

山口真帆が卒業。皮肉メッセージ、欅坂「黒い羊」を熱唱。

山口真帆が卒業。皮肉メッセージ、欅坂「黒い羊」
山口真帆が卒業。皮肉メッセージ、欅坂「黒い羊」

山口真帆が卒業。皮肉メッセージ、欅坂「黒い羊」を熱唱

昨年12月にファンから暴行を受けたNGT48の山口真帆(23)が18日、
新潟市内の専用劇場で卒業公演を行い、グループを卒業した。
今年1月に暴行被害を配信動画で自ら告白。
運営側の対応を猛批判するなどして、騒動は大きく広がった。
問題が解決せぬまま迎えた、アイドルとしてのラストステージ。
最後は言葉ではなく、楽曲で運営を皮肉った。

山口は、同時に卒業する菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)と登場。
普段は16人で公演が行われる広い舞台で、
3人だけで笑顔と涙の全力パフォーマンスを見せた。

「太陽は何度でも」と銘打たれた特別公演は、
NGTの初オリジナル曲「Maxとき315号」でスタート。

だが、1曲だけが異質だった。本編最後のこと。
サプライズで日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)ら「卒業公演に出たい」と
直訴した5人の“山口派”が登場。
8人で披露したのは「欅坂46」のヒット曲「黒い羊」だった。
これにファンはどよめいた。
山口が抱える思いをそのまま表現したように聞こえる詞だからだ。

「黒い羊 そうだ僕だけがいなくなればいいんだ
そうすれば 止まっていた針はまた動き出すんだろう?」

「全員が納得する そんな答えなんかあるものか」

「みんなから説得される方が 居心地悪くなる
目配せしている仲間には 僕は厄介者でしかない」

山口は欅坂の平手友梨奈(17)が担当するセンターで歌唱。
演じるのは、白い羊の中に一頭だけ交ざった黒い羊。
周りに合わせて生きることに息苦しさを感じる主人公を、情感を込めて演じた。

山口と運営側は事件後から対立を続けた。
山口はメンバーの関与について
「あるメンバーは私の家に行けとそそのかした」などと訴えるも、
運営側は「不問」とした。山口は事実上、追い出されるように卒業。“
黒い羊”がいなくなれば、また“白い羊”だけでやり直せる。
それは運営側へ向けた究極の皮肉だった。
この日駆けつけたメンバーは“山口派”で、
確執を残すメンバーは一切登場しなかった。

出典:スポニチアネックス

確執を残すメンバーとは?

昨年12月にファンから暴行を受けた『NGT48』山口真帆。
いまだに事件の全貌が見えず、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っているが、
ついに山口が黒幕を〝名指しした〟と話題になっている。

山口は現在ツイートこそしていないが、
一般ユーザーのツイートを「いいね!」することで、何かを訴えようと
しているとみられている。

「山口が『いいね』しているツイートは、主に『NGT48』運営への批判。
『運営が笑えるほど真っ黒』『新しい運営にも期待ができない』といった言葉に
『いいね』を付けており、新体制の運営とも確執があることがうかがえます」(芸能記者)

そんな中、山口が下記のツイートを「いいね!」した。

《「生きた心地しないと」いい、
「◯キロ痩せた」といい、やらかし組とされる人は
まほほんへの当て付けを言ったり書いたりしないと気が済まないのかなあ》

そしてこの「いいね!」が、黒幕を名指ししているというのだ。

出典:まいじつ

名指しされた『NGT48』メンバーとは…

「以前から、犯人に山口への暴行をそそのかしたのは
『NGT48』の西潟茉莉奈、太野彩香、山田野絵らだとウワサされていました。
太野は、山口が事件後に『2週間で4キロ痩せた』と告白した直後に、
動画配信サービスで『1週間で4キロ痩せたんだっ(笑)』と、
まるで山口を挑発するかのようなコメントをしていたのです。
この発言に、山田は『ああっ!』と何かに気付いたかのように笑い転げています。
2人は限りなく〝黒〟に近い〝グレー〟でしたが、
今回の『いいね』で、完全な〝黒〟になりましたね」(同・記者)

西潟茉莉奈は、山口の事件後にネット上で黒幕扱いされたことに対して、
「この1カ月間、正直生きた心地がしませんでした」とコメントしている。
こちらも〝黒〟確定と言っていいほどだ。

ネット上では山口の「いいね!」に対して、

《関与メンバーはやはりこの方々でしたか》

《暴行事件犯人とつながっていたのは『1週間で4キロやせた』と
山口をあおっていた豚と太野であったと判明》

などといった声が上がっている。

出典:まいじつ

山口真帆が卒業。皮肉メッセージ、欅坂「黒い羊」を熱唱。みんなの反応

ファンではなかったですが、一連のこの山口真帆さんのメッセージの伝え方は心に響きます。
これを受け止められないような運営は、もうアイドルを育てるのは辞めた方がいい。

山口さんはアイドルグループのいちメンバーに収まるような人ではないです。今後の活躍を楽しみににしています。

まさかの欅坂曲の披露、「黒い羊」とはホントに皮肉が効いていますね。
最後まで自分のポリシーを貫いて去って行く主人公を演じる山口さんには、本家を上回る説得力があって脱帽でした。

AKBグループのユニット曲を中心にしたセットリストの中で、一際異彩を放った素晴らしいステージだったと思います。

駆けつけなかったメンバーは黒メンバーというレッテルを貼られる事をわかっていながら行かなかった(行けなかった)のだろう。

勇気ある行動をとった子は傷ついて欲しくないけど、早く泥舟グループから逃げ出して欲しい。